Pluglog

Tkool Replay コメントは随時受け付けておりますので、古い記事でも遠慮なくお書きくださいませ。
Admin
TOPスポンサー広告 ≫ バケットモンタージュ #15 スキルマッチングTOPゲーム創作 ≫ バケットモンタージュ #15 スキルマッチング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

バケットモンタージュ #15 スキルマッチング

20140706093107.png 20140706102730.png
大量のモンスターとスキルをどう設定するか(どれにどのスキルを持たせるか)、
例によって1個1個設定するのは面倒なので何かいい方法はないかと悩んでたんですが、
またタグを使ってうまいことマッチする方法がようやく仕上がりました。

そもそも個別に設定すること自体は手間になってもいいんですけど、
ツクールのデータベース上だと後から追加しようとか思った時に並び替えできなくて修正かけにくいんですよね。
だから例えば「モンスターAにスキルID132を設定」とかすると、
あとでID132から移動しようと思うと、A:132みたいな対応を書いてる部分も変える必要があるので、バグりやすい。
ID変えなきゃいいじゃんという話だけど、並び順は気になるもん。

識別用のID(追加時ID)とソート用のIDを別に設定するのが良い方法だと思われるけど、新しくパラメータ追加せずとも、
そもそもIDより変える機会が少なく一意に決定できる「スキル名」で識別しちゃえば楽じゃないかという考えに行き着く。
(ただし同名スキルは使えないけど)
これなら例えば「モンスターAにスキル名"切りつける"を設定」と、視覚的にも分かりやすい。
処理的にはデータベースを参照して同名スキルを探すことになるので、余計な負荷がかかりそうだけれど、
この点も一度参照したスキルIDはキャッシュを作成して、モンスターIDをキーにして呼び出せるようにしておきました。

それで、種族タグを利用して <闘士> かつ <素手> ならば"正拳突き"を覚えるみたいな感じのリストを作成。
まぁ個別スキルもいくつか設定したいけれど、共通部分はこれで一括処理して良さそうです。
これでスキル設定も気兼ねなく進められそう。

追記. あ、拍手コメントとか全然気付いてませんでした。ネタは大歓迎ですよ!

Comment








Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。