Pluglog

Tkool Replay コメントは随時受け付けておりますので、古い記事でも遠慮なくお書きくださいませ。
Admin
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2013年09月
ARCHIVE ≫ 2013年09月
      

≪ 前月 |  2013年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-) Trackbacks (-) スポンサー広告

Cookie Clickerをやってしまった

f38c2e20f7dd916701.png
巷で話題の『Cookie Clicker』に手をだしてしまった……!

面白いな―クッキー

このゲームの目的は「クッキーを焼くこと」で、
より多くのクッキーを焼くためにクッキーを焼くという実にシンプルな内容となっている
しかし妙に中毒性が高い なぜなのか?

それは、CpS(Cookies per Second)一秒間に何枚クッキーを焼けるかという生産効率が
可視化されていることにより、アイテムを得る毎に成長を実感できることからではないか。
RPGであっても、最も成長を実感できるのは能力値やダメージなりの数字がでかくなることだと思う。
ある意味RPGの育成要素だけを切り出し究極自動化したかのようなゲームといえるのかもしれない。

そして、どの施設を次に買うのがコストパフォーマンスがいいか、などと考え始めると
"数字の面白さ"に行き着く。計算式とか頑張れば求められるので、法則調べてエクセル組むの楽しい。

ページを開くだけですぐに始められるブラウザゲーとしての手軽さの面も大きいと思う。
サイト飛ぶ→DL場所探す→落として解凍→GameStart→NewGame の手間はそれなりにでかい。
ツクールゲーだとzipひらくと圧縮exeでてくるなんていうのもよくあることだったり。

その点、クッキーは興味本位でアクセスしてクッキーを押し始めたら止められなくなって、
中毒者が続出してしまうような危険なゲームともいえるが・・
生産系としてのゲームデザインはグラフィック面・数値設定共に良く、優れているように感じた。


プレイ副作用
・何万人みたいな言葉をみてもクッキーと比べたら・・と数値感覚がおかしくなる
・○時間みたいな言葉をみるとクッキー何枚焼けるかを考え始める
・視界の隅にゴールデンクッキーの幻覚が見え始める
・クッキーを焼く夢をみる
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。